読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enjoy!オタクライフ!

ひきこもり気味な筆者が就活体験記をあげたり、好きなアニメについて語ったり、企業の財務分析をしたりするブログです

財務で会社を読む 任天堂その3:キャッシュ・フロー計算書編 お金の流れを分析してみよう

f:id:hitourebito0806:20170112154106p:plain

  前回は損益計算書を使って、分析をしました。

 時間がない人は、貸借対照表(第1回)と損益計算書の分析(第2回)と会社ホームページを巡回すれば、ある程度はその会社のことがわかってくるかと思います。もしわからないことがあれば、説明会の質問タイムで訊けばオッケーです。

 

 第1回(貸借対照表編)はこちら↓


 第2回(損益計算書編)はこちら↓

 

 今回は時間がある人向けにキャッシュ・フロー計算書を使って、分析していきます。

 

キャッシュ・フロー計算書とは

 任天堂キャッシュ・フロー計算書はこんな感じです。

f:id:hitourebito0806:20170112161658j:plain

任天堂ホームページ「株主・投資家情報」より引用

 

 キャッシュ・フロー計算書は一定期間のお金の動きを表している家計簿のようなものです。貸借対照表と損益計算書に比べると読みにくいので、ポイントを絞って見ていきます。

 

 ズバリ、営業キャッシュフロー投資キャッシュフロー財務キャッシュフローの3つに注目します。

 

 営業キャッシュフローからは、この数字がプラスであれば本業で金を生み出し、マイナスなら失っていることがわかります。

 投資キャッシュフローは設備投資をした時は通常マイナス。資産を売却した時などはプラスになるので、会社がどういう動きをしているのかがわかります。

 財務キャッシュフローがプラスの時は借入金の返済よりも新たに借りた金額が多く、マイナスの時は返済の方が多いことがわかります。

 

 この3つがプラスかマイナスかを見ることで、分析を進めていきます。

 

 営業キャッシュフロー 

 投資キャッシュフロー 

 財務キャッシュフロー  

 現預金増減額     

 

 この形が理想ですね。

 本業で生み出した金を投資と返済に回した上で、最終的に現金が増えています。

 

 営業キャッシュフロー 

 投資キャッシュフロー 

 財務キャッシュフロー 

 現預金増減額     +or−

 

 この形も良いですね。

 きちんと本業で金を生み出し、それでも足りない分を借入金でまかなって、投資。

 きちんと本業で稼げているのが大事です。

 

 営業キャッシュフロー 

 投資キャッシュフロー 

 財務キャッシュフロー 

 現預金増減額     

 

 これは非常にまずい形です。

 本業でキャッシュを生み出せず、資産を売却し、借金返済に当てている状態です。

 

 などなど、キャッシュ・フロー計算書を分析するとこんなことがわかってきます。

 

 任天堂キャッシュ・フロー計算書は

 営業キャッシュフロー +

 投資キャッシュフロー −

 財務キャッシュフロー −

 現預金増減額     −

 なので、悪くはないですね。

 

 しっかりと、本業で金を生み出し、投資と返済に回せています。

 使っている額の方が多いようですが、問題ないでしょう。

 

 次回は5年分のデータを比較して、総まとめをします。↓