読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enjoy!オタクライフ!

ひきこもり気味な筆者が就活体験記をあげたり、好きなアニメについて語ったり、企業の財務分析をしたりするブログです

ペルソナ5公式設定画集が発売されましたよ!

   f:id:hitourebito0806:20161226125918j:plain

   でかい…

 

 本日、12月26日に発売されたペルソナ5公式設定画集。

 値段は税込3240円と少しお高めですが、素晴らしい出来です。

 

 写真では大きさがわかりにくいですが、かなりでかいです。

 保管場所に困る人はキンドル版も出ているようなので、そちらをどうぞ。

 (この本は紙で見た方が感動すると思いますが…)

ペルソナ5 公式設定画集

ペルソナ5 公式設定画集

 

 

 ペルソナ5については、トロフィーコンプリートを目指してコツコツプレイしていますが、2週目でもやっぱり面白い。普段、トロコンなんてしませんが、このゲームは隅々まで楽しみたくなるんですよ。とても緻密に作られているので、2週目が全く苦じゃない。デザインに関してもとても緻密に作られているのが、この設定画集に掲載されているイラストレーターのコメントからもわかります。本当に凄い。

 

 ・主人公のデザインを一言で表現するとです。

 ・主人公の武器を短剣にした決め手は怪盗らしさと差別化です。

 ・主人公のマスクはアルカナの愚者をイメージしています。

 

 などなど、作り込みが半端ない。(他にも沢山コメントあります)

 

 どの特徴も「あー確かに!」って唸っちゃいますよね。 

 きちんとそのデザインにした理由があって、それがユーザーにもなんとなくでも伝わっている。これってとんでもなく凄いことじゃないかと。独りよがりになっていない、だからこそペルソナ5は面白い。

 

 ペルソナ5を製作したアトラスが先日、Re:FANTASYを掲げてスタジオ・ゼロを設立したと発表があったので次回作とてつもなく楽しみです。多分、国内のゲーム製作で今トップを走ってるのがアトラスじゃないかな。アトラス製作のファンタジーって聞いただけで無茶苦茶ワクワクしますもん。

 

 ペルソナ5では特段これといって新しいギミックはありませんでした。

 今流行りのオープンワールドでもなく、コマンド式の戦闘は時代遅れかもしれない。

 しかし、面白さは一級品でした。

 なぜか?

 ユーザーが真に求めるものを理解し、それを提供できているからです。

 

 ペルソナ4の完成度がとてつもなく、5への期待度は無茶苦茶高かった。

 正直4を超えられないと思っていたのは私だけではないでしょう。

 しかし、アトラスはそれを超えてきた。

 いや、超えたというよりは同じ神ゲーが生まれたといった方が正しいでしょうか。

 

 本当に凄い会社です。

 本当に良い本です。

 ぜひ、お手にとって見て欲しいです。

 ではでは。