読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enjoy!オタクライフ!

ひきこもり気味な筆者が就活体験記をあげたり、好きなアニメについて語ったり、企業の財務分析をしたりするブログです

べっぴんさん 7週目を見終えた感想 英輔、散る

朝ドラ 感想

       f:id:hitourebito0806:20161119120712p:plain

感想

  べっぴんさんで初めて涙を流してしまいました。

 今週は物語が大きく動いた週でしたね。

 

 英輔さん、桜ちゃんの演技がとてもイイ。

 

 英輔さんは関西の兄ちゃんの雰囲気がしっかり出ていますし、上品すぎず、下品すぎない。かなりいい感じのキャラに仕上がっています。上品すぎるのは邪魔なんだよなぁ。

 

 桜ちゃんは無口ですが、だからこそ時折話すセリフが可愛らしい。

 

 英輔さんに「お父さん」と告げるシーンに涙した人は多いのではないでしょうか。

 (かくいう私もその1人)

 

 英輔さん、すみれちゃんと幸せに…と感慨に浸っていたのもつかの間、紀夫さん帰還。

 

 以前ブログにも書きましたが、帰ってくるのは分かってましたよ、ええ。 

 私の予想が当たらなければ…と、この1週間どれだけ思ったことか。

 

 これから、英輔さんどうするんだい!

 

 完璧にすみれちゃんとひっつく流れだったじゃないですか!

 桜ちゃんのお墨付きも頂いてるんですよ!

 もう私の中では紀夫さん悪役です(笑) 

 

 紀夫さん帰ってきても感動しないんですよ。

 もちろん、すみれちゃんの心情は分かるんです。

 

 けど、劇中での二人の暮らしがあまりにも描かれていない。

 あれで、感情移入しろっていうほうが無理でしょ。

 紀夫さんとすみれちゃんが抱き合うシーンでは全然泣けませんでしたし。

 むしろ、英輔さんが画面に移るだけで心が苦しい。 

 

 英輔さんとすみれちゃんの関係はかなり長く描かれてきました。

 英輔さんの妹を失った背景と相まって、私の中で物凄く愛着を持つキャラに成長。

 男性陣で一番好きなキャラです。

 

 明美ちゃんとくっついてくれると、最高なんだけどなぁ。

 こっちの夫婦が主役でいいんじゃね。

 

 このままだと、紀夫さんが出てくる度に、イラッとしてしまいそう。

 来週、上手くまとめてくれるといいなぁ。

 

今週の流れ タイトル「未来」

月曜日

 すみれちゃん、紀夫くんのことをあきらめてくれと言われる

→英輔さん、傘屋の息子だったことが判明

→息子達、父に懐かない…

→明美ちゃん、そっとすみれちゃんにハンカチを渡す。キマシタワー

→ベビー相談室大盛況

 

火曜日

 浅田さん、店を移転することを提案

→リアリスト明美ちゃん「家賃かかるやろ…」

→潔さん、仕事が上手くいかず愚痴をこぼす

→おとん、紀夫さんの行方を調べるも、何も分からず

→「”優しい”いうことは、”強い”いうことや」名言製造機おとん、かっこいい

→君枝ちゃん、新しい子供服のデザインを難なく仕上げる、有能

 

水曜日

 君枝ちゃん、新しい店の配置のデザインも難なく仕上げる、超有能

→じじい、英輔さんがすみれちゃんに惚れてるのを潔さんに告げ口。気づいてなかったんか、潔さん…

→通訳士明美ちゃん、生地調達に大活躍

→子供服完成

→根本さん、闇市大改革

→桜ちゃん、英輔さんと離れたくないと駄々をこねる

→英輔さんすみれちゃんの家にお泊り

 

木曜日

 英輔さん、風呂でほっこり

→すみれちゃん、紀夫さんの浴衣をセッティング

→当たり前を当たり前と教えてくれる親。本当に大事です

→お互いのルーツをおしゃべり

→桜ちゃん、起床

→英輔さんに向かって「お父さん」これはズルい…

→すみれちゃん、桜ちゃん、英輔さんの3人で桜の花を見ることを約束

→潔さんと英輔さん口喧嘩

 

金曜日

 おとん「前を見るんや」

→すみれちゃん「前ってどこですか?」

→すみれちゃん逃亡

→英輔さん、傘を持って追いかける

→すみれちゃん失意にくれる

→明美ちゃん慰めにきたぁぁ!

→潔さんとゆりちゃん離れ離れで働くことを決意

→英輔さんプロポーズ未遂。なんてこったい…

→紀夫くん生存確認

 

土曜日

 英輔さん自己嫌悪。そりゃしょうがないで…

→近江でゆりさんの面倒を見てくれることに

→新店舗の名前「キアリス」に決定

→すみれちゃん傘返す

→1人で桜の花を見る英輔さん。こんなん悲しすぎやろ…

→紀夫さん帰還

 

次週、「止まったままの時計」