enjoy!オタクライフ!

ひきこもり気味な筆者が就活体験記をあげたり、好きなアニメについて語ったり、企業の財務分析をしたりするブログです

ApplePayはおサイフケータイとどこが違うのか? 調査してみました! 現状ではおサイフケータイの方が使いやすい!?

f:id:hitourebito0806:20161020085136p:plain

 

相棒のzenfone5が故障してしまい、新しいスマートフォンを探すことに。

iphone7も選択肢として考えましたが、最終的にarrows m03に決めました。

iphoneやっぱり高いよ…)

 

この機種にはおサイフケータイというものが搭載されているとのこと。

iphone7から搭載されるApplePayとは何が違うのか気になったので調べてみました。

 

ApplePayとは

 アップルの決済サービスで、グローバル的にはiPhone6以降に発売したiPhoneで利用でき、2014年に米国でスタート。クレジットカード等を登録することで、対応店舗での決済や一部の国では公共交通機関での利用が可能になっているみたいです。既に2年前から米国では使えるんですね。知らなかったなぁ。

 

 ApplePayには店頭で使える非接触決済機能のほかに、iOSアプリ内での決済やiOS10およびmacOS SierraのSafari上のウェブページ上での決済機能もあるようです。便利ですね。

 

グローバル版と日本版との違い

 日本でのApplePayとグローバル版のApplePayは少し違うようです。

 まず、非接触決済機能が使える機種は、日本国内で発売されたiPhone7/7Plusに限られるようです。海外で購入した場合、国内でApplePayを使えないということですね。

 

 また、登録できるクレジットカードもある程度、限定されているようです。

 

対応カード

・イオンカード

au WALLET

・オリコカード

JCBオリジナルシリーズ

・セゾンUCカード

ソフトバンクカード

・dカード

ビューカード

三井住友カード

MUFGカード

Suica

 

 自分はVisaカードを使っているので、多分対応していないので使えない。

 もし、使えたとしてもMasterCardに比べると不便なことは間違いないようです。

 なんでや、Appleさん。Visa使ってる人結構多いやろうに…。

 

おサイフケータイとの違い

 ApplePayはほとんどの電子マネーに対応しているようです。

 しかし、ほとんどであって、すべてではない。

 日本の主要な電子マネーおサイフケータイに対応し、かつiPhoneで使えないものには「楽天Edy」「WAON」「nanaco」などがあります。

 

 現状、まだおサイフケータイの方がApplePayに比べて使いやすいみたいですね。

(2016年10月)

 しかし、あの天下のAppleなので、今後いろいろと対応してくれる…のかなぁ。

 

 おサイフケータイというものをこれまで使ったことがないので、どれほど便利なのか全く実感していませんが、楽しみです。まずはモバイルSuicaかなぁ…。