enjoy!オタクライフ!

ひきこもり気味な筆者が就活体験記をあげたり、好きなアニメについて語ったり、企業の財務分析をしたりするブログです

ipadだけでプログラミングが学べる時代に! ゲーム感覚で学べるSwift Playgroundsを始めてみよう!

f:id:hitourebito0806:20161020000720p:plain

 

プログラミングを勉強したいんだけど、何から始めたら良いかわからない…。

私も1ヶ月前まではその状態でした。

そう、Swift Playgroundsがリリースされるまではね!

Swift Playgroundsとは

 アップルが開発したプログラミング教育アプリのことです。

 ゲーム感覚でプログラミング的思考を簡単に身につけることができます。

 しかも、iPadだけで(アプリ自体は無料です)。

 

 これまでは、iosの開発環境を用意しようとすると、どうしてもMacが必要でした。

 お手軽ではありませんでしたね。

 

 そんな私達のニーズを見越していたのでしょう。

 さすが、アップル。

 

必要環境

①ios10が動作するiPadシリーズ

 ・iPadミニ(2以降)

 ・iPad(第4世代)

 ・iPadエア(全世代)

 ・iPadプロ(12.9/9.7インチ)

 

 私はiPadエア2を使用しています。

 

②ストレージ空き容量

 約2GB程度必要です。

 

 これだけでプログラミングが勉強できるなんて、良い時代ですね。

 

開始までの流れ

App Storeを開いてください

f:id:hitourebito0806:20161020094819p:plain

 まず、ホーム画面からApp Storeアプリを開いて「Swift Playgrounds」のキーワードで検索します。

 

②Swift Playgroundsを入手してください

f:id:hitourebito0806:20161020095057p:plain

 すると、アップルから配布されているSwift Playgroundsのアプリが見つかります。

 無料のアプリなので入手をタップすると自動的にダウンロードが開始します。

 (画像では既にダウンロートが終了しているので、開くとなっています)

 

③ホーム画面にアイコンが表示されます

 ダウンロードが開始されると、ホーム画面にアイコンが表示されます。最初は 薄暗い色になっていますが、ダウンロードが完了すると明るい色になります。 

 

④Swift Playgroundsをタッチして、アプリを起動してください

f:id:hitourebito0806:20161020095642p:plain

 次に、「Featured(フィーチャード)」と呼ばれるページが表示されます。ここでは、公開されている学習コンテンツを確認することができます。

 

⑤Playgroundをダウンロードしてください

f:id:hitourebito0806:20161020095948p:plain

 プレイグラウンドは選択すると「GET」ボタンが表示されるので、タップしてダウンロードを開始してください。完了すると画像の様に、OPENに変化します。私の様な初心者の人は左上の「LEARN TO CODE 1」から始めましょう。

 

⑥Playgroundを管理しましょう

f:id:hitourebito0806:20161020100317p:plain

 ダウンロードしたPlaygroundは「My Playgrounds」で一覧表示、起動、名前の変更、削除などを行うことができるようになっています。

 

LEARN TO CODE 1で学べること

LEARN TO CODE 1では

・Commands(命令の与え方)

・Functions(関数の作り方)

・For Loops(Forを用いたルーブの作り方)

・Conditional Code(ifの使いかた)

・Logical Operators(&&、||、!の使いかた)

・While Loops(whileを用いたループの作り方)

・Algorithims(アルゴリズムの考え方)

の7つを学ぶことが出来ます。

 

 説明文が英語のみなので、英語が苦手な人は大変かもしれません。

 辞書を引きながら、挑戦してみましょう。

 

Swift Playgroundsを体験してみて

 楽しいです。プログラミングしてる感が味わえます。

 プログラミングをちょっと齧ったことのある人には物足りないかもしれませんが、私は大満足です。

 次はLEARN TO CODE 2に挑戦だ!