読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enjoy!オタクライフ!

ひきこもり気味な筆者が就活体験記をあげたり、好きなアニメについて語ったり、企業の財務分析をしたりするブログです

大阪国際大学のおとなインターンという企画が面白い!就活生の心を震わせるインタビュー&動画が満載

f:id:hitourebito0806:20161007155146p:plain

むちゃくちゃ面白い。

こんにちは、こんばんは。人憂人です。

 

植松努さんの本を読んでからブログもちょこちょこ拝見しているのですが、

そこで、面白い企画がスタートしたと告知がありました。

 

植松さんの本が気になる方はこちらもどうぞ↓

hitourebito0806.hatenablog.com

 

 

oiuvoice.com

リンク先↑に飛んでみると、おとなインターンの文字が。

 

最初は、おとながインターンに行くのかな?と思いましたが、そうではなく、大学生があこがれのおとな個人に話を聞きにいく企画みたいです。

 

よくあるっちゃぁ、よくあるんですが、インターネット上で公開されるのが普通とは違う。(先輩OBに話を聞いたのをまとめた本は大学で配ってたりしますよね)

 

インタビューされる人も仕事を楽しそうにしている人達ばかり。

 

こりゃ面白いっすわ。

 

山本真志さん

f:id:hitourebito0806:20161007163354p:plain

 高知県出身。「ランチパスポート」は、高知県で創刊。通常700円以上のランチメニューがワンコイン500円(当時)で食べられるということで、掲載店舗に行列ができることも。
メディアでも数多く紹介されベストセラーになっている。
今では全国43都道府県、80エリアで発行。その書籍を東京で展開する先頭に立ち、「食」だけでなく、「体験」のサービスにまで事業を拡げている。

おとなインターンのページより引用

 一人目は営業職として株式会社ほっとこうちで働いている山本さん。

https://oiuvoice.com/otona_intern/intern/intern_1.html

 山本さんも凄いけど、あだ名がおにぎりの吉永くんも凄い。

 一週間で海外の友達100人作ったって…。

 私だったら日本人でもできそうにありません(笑)

 どこでも就職できますよ。

 

 植松さん、西畠さんに比べるとインパクト弱かったかなぁ。

 

植松努さん

f:id:hitourebito0806:20161007164559p:plain

 1966年北海道芦別生まれ。子どものころから紙飛行機が好きで宇宙にあこがれ、大学で流体力学を学び、航空機設計を手がける会社に入社。5年後の1994年に実家に戻り、父が経営する植松電機へ入社。産業廃棄物からの徐鉄、選鉄に使う電磁石の開発製作に成功。分別用電磁石は全国のシェアの8割を誇るまでに導く。宇宙開発から、子どもたちのイベントまで、日本全国で活動中。

おとなインターンのページより引用

 二人目は株式会社植松電気社長の植松努さん。

https://oiuvoice.com/otona_intern/intern/intern_2.html

 本当に優しそうなお方です。

 

 お話を聞いていると、涙が出てきちゃいます。

 

 学校、作って欲しいなぁ。

 あと、募集しても社員が来ないってのは意外でした。

 いつか、一緒に働いてみたいなぁ。

 

西畠 清順さん

f:id:hitourebito0806:20161007165135p:plain

1980年生まれ。幕末より150年続く花と植木の卸問屋の五代目。日本全国・世界数十カ国を旅し、収集している植物は数千種類。日々集める植物素材で、国内はもとより海外からの依頼も含め年間2000件もの案件に応えている。 2012年、ひとの心に植物を植える活動”そら植物園” をスタートさせ、植物を用いたいろいろなプロジェクトを多数の企業・団体などと各地で展開、反響を呼んでいる。

おとなインターンのページより引用 

 三人目はそら植物園代表の西畠 清順さん。  

https://oiuvoice.com/otona_intern/intern/intern_3.html

 子供の様な大人でとてもかっこいい西畠さん。

 

 プラントハンターという職業の名前もかっこいい。

 

 名言もたくさんあります!ほんと、かっこいいな!

 

 しんどいって、おいしい。そう思うようにしてる。

 

 俺もそう思えるように精進しよう。

 

最後に

 4人目のインタビューも準備中なので、これからどんどん増えていくのかもしれませんね。

 

 周りにかっこいい大人はいなくても、世の中にはたくさんいるんだなぁ。