読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enjoy!オタクライフ!

ひきこもり気味な筆者が就活体験記をあげたり、好きなアニメについて語ったり、企業の財務分析をしたりするブログです

MacでWindowsは起動できる? あなたの疑問に答えます 第1回ブートキャンプと仮想化の違い

f:id:hitourebito0806:20160914142347p:plain

最近、Macがとても欲しいです。デザインが魅力的ですね。

MacでもWindowsを起動できるのか、個人的に気になったので調べてみました。

*2016年9月の情報です。 

 

ブートキャンプor仮想化

 

 Mac上でWindowsを起動する方法としては、

 1.ブートキャンプ

 2.仮想化ソフトを使う

 の2種類あります。

 

 

 ブートキャンプとは、アップル社が開発・公開しているソフトウェア、Mac内蔵ストレージWindows環境を構築するためのソフト。

 

 仮想化ソフトとは、ホストとなるOSに、仮想マシンを作成して擬似コンピューター環境を構築するためのソフト、仮想マシンには、ホストとは異なるOSをインストールできます。

 

ブートキャンプを使う場合

MacのOS(OS X)とWindowsを同時に使うことはできない。どちらか片方のみ。(デメリット)

 

②OSを切り替えるときに、再起動が必要になる。(デメリット)

 

Macのハードウェア上に完全なWindows環境を作るため、Macのマシンパワーがフルに使える。Windowsをメインに使いたい人や、安定した環境でゲームを楽しみたい人には良い。(メリット)

 

 

仮想化ソフトを使う場合

MacのOS(OS X)とWindowsを同時に使うことができる。(メリット)

 

② ①より、仮想化ソフトなら、Macホームフォルダ仮想マシン上のWindowsと共有したり、Macに接続中のUSB機器をWindows側から利用したりといったことが簡単にできる。ファイルの転送やドライバソフトのインストールの手間が省ける(メリット)

 

③ブートキャンプに比べると、動作スピートに難がある可能性がある。しかし、最近では動作も安定し、軽快に動くようになっている。(デメリット)

 

まとめ

 ゲーム用のPCは所持しているので、私が使うとしたら仮想化ソフトかな。

 Mac OSと同時に使えるのが大きいですねぇ。

 再起動の必要が無いのもgood!

 

 どんな仮想化ソフトがあるのか調べてみましょうかね。

 

第2回はこちら↓

hitourebito0806.hatenablog.com