読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enjoy!オタクライフ!

ひきこもり気味な筆者が就活体験記をあげたり、好きなアニメについて語ったり、企業の財務分析をしたりするブログです

なぜマリオは日本一のIPになったのか?

ゲーム

京都から世界へ。

こんにちは、こんばんは。人憂人です。

f:id:hitourebito0806:20160909104410j:plain

マリオというIPの凄さ

  2016年9月8日に開催されたアップルの発表会。

 製品発表の前に衝撃の発表が!

 「私達は彼らを迎えられて本当にうれしいです。どうぞ!」

 ティム・クックのアナウンスと共に画面にはマリオの画像が。

f:id:hitourebito0806:20160909103214j:plain

 「ワォ~!!!!!!」

 もの凄い盛り上がり!

 

 

 そして、生みの親である宮本茂さんが登場。

f:id:hitourebito0806:20160909103348j:plain

 さらに盛り上がる会場「ウォ~!!!!!」

 とんでもない人気者です。

  (笑いも一番取っていました、ハンバーガーのくだりは面白かった)

 これほど盛り上がる日本のコンテンツは他にはないのでは。

 

 それほどの世界的IPとなったのはどうしてなのか?

 

マリオシリーズの多さ

 マリオは様々なゲームに登場します。

 スーパーマリオはもちろん。マリオカートマリオパーティスマブラなど数えるとキリがないぐらい。

 たくさんのゲームに出てくれば、ユーザーが目にする機会も多い。

 そして、どのゲームもおもしろい。

 おもしろくなければ、マイナスのイメージが残りますからね。

 それは、IPとしてよろしくない。

 

マリオの特徴

 マリオと言えば、赤い帽子にオーバーオール。たくましいおヒゲ。

 ゲームにあまり触れない人でも説明できますよね。

 万人が受け入れられるキャラクターデザインです。素晴らしい。

 

 そして、基本的に言葉をしゃべらない。(笑)

 わっふぅ、とか。アイヤッとか。

 決まった言語をしゃべりません。

 グローバル化のしやすさにもつながっていますよね。

 

ユーザーの信頼

 マリオだけではなく、任天堂に対する信頼といっていいかもしれません。

 長い間、数々のゲームを生み出してきたことに対する感謝。尊敬。

 それらが信頼として根底にあります。

 任天堂の代表だからこそ、これほどのIPとなったのかも。

 

 ユーザーとの信頼関係という意味では、任天堂が日本でも最高峰ではないでしょうか。必ずお客様を満足させる、という気概がひしひしと製品から伝わってきますし、ホームページ上にも表れています。

 

 社長が訊くというコーナーでは、ゲーム開発の裏側や社員の考え方がものすごく伝わってきます。忙しい社長がユーザーと社員にあれだけの時間を注ぐ企業は他にはないでしょう。そして、就活生には就活生用のコンテンツまで用意してくれます。クオリティーもムチャクチャ高い。いつでも見れます。間違いなく社員の顔が一番見える企業です(ホームページ上で)。それだけ、ユーザーのことを考えてくれています。

 

まとめ

 長い歴史がマリオというIPを成長させた。

 それだけは間違いないでしょう。

 リオデジャネイロオリンピック閉会式での演出、スマートデバイスへの進出。

 マリオだからこそ出来ました。

 我々にたくさんの夢を見させてくれました。

 そして、これからもさらに多くの人々を楽しませることでしょう。

 これからも、マリオというIPがどういうジャンプの軌跡を描いていくのか

 とても楽しみにしています。

f:id:hitourebito0806:20160911151315j:plain