読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enjoy!オタクライフ!

ひきこもり気味な筆者が就活体験記をあげたり、好きなアニメについて語ったり、企業の財務分析をしたりするブログです

内定を欲しい就活生が読むべき本      前編 ~奇跡の就活術~

203社連続で落ちた女子がこのコツを知ったとたん連続内定ゲット!

こんにちは、こんばんは。人憂人です。

 

内定を欲しい就活生が~すべき~ シリーズ第3弾

内定を欲しい就活生が読むべき 前編をどうぞ!

 

 

タイトルは奇跡の就活術。

奇跡の就活術

奇跡の就活術

 

 

ページ数は255ページありますが、スラスラと読めます。

奇跡というタイトルだけを見ると、胡散臭い感じがしますが、そんなことはありません。この本が対象としている就活生は私のような超有名大学出身体育会所属海外の長期留学経験、公認会計士や弁護士などの難関資格保有、目を引くアルバイト経験、英語が堪能といった条件にすべて無縁の普通の就活生です。

 

ES面接の対策法をとてもわかりやすく、実践的に教えてくれます。

 

私自身、3年生の8月に夏のインターンシップに参加したものの、本格的に就活の準備を始めたのは、解禁後の3月でした。限られた時間で情報収集しなければいけない中、ぶらりと立ち寄った本屋さんでこの本と出会いました。

 

 シリーズ第2弾で取り上げた銀のアンカーには、ESについては大まかに書かれていたものの、いざ書くとなると、もっと細かい情報が欲しくなったのが購入に至った理由です

 

この本には、自己PRと志望動機の作り方(見つけ方)はもちろん、面接や自己分析のやり方など就活で多くの人が悩む場面で、どういうことをすればいいかが書いてあります。

 

限られた時間で情報を集めて、ESを出さなければいけない2017年卒の就職活動においては大変役に立ちました。この本と出会わなかったら…と思うとぞっとします。

 

就活において悩むことはとても大事だと考えています。

どの企業で働きたいのか?

どういうことをしたいのか?

自分が得意なことは何なのか?

会社は潰れないだろうか?

入社したとしてうまくやっていけるだろうか?

たくさんの悩みが生まれると思います。

 

しかし、無駄な悩みもあるんですよね。

ESはどうやって書けばいいんだろう?

自己分析はどうやってやればいいんだろう?

自己PRってどうやって作るんだろう?

志望動機ってどうやって作るんだろう?

業界・企業研究ってどうやってすればいいんだろう?

すべて手段についての悩みなんです。ここに時間を使うのは

はっきり言って時間のムダ。

 

今回はこの本を紹介しましたが、この本以外でも構いません。

立ち読みしてみて、自分にピンときたものを羅針盤として、

就活という荒波に立ち向かってください。

 

 

後編はこちら↓