読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enjoy!オタクライフ!

ひきこもり気味な筆者が就活体験記をあげたり、好きなアニメについて語ったり、企業の財務分析をしたりするブログです

財務で会社を読む 第3社 コーエーテクモホールディングスの財務状況を紐解いてみよう

財務分析

f:id:hitourebito0806:20170211144835p:plain

 

財務分析が初めての方はこちらの記事からどうぞ↓

 

人憂人とコーエーテクモの関係性 

 コーエーテクモといえば、無双シリーズですよね。

 軽快なアクションと爽快さが売りのゲームです。

 

 アクションが苦手な人憂人はあまりコーエーテクモのゲームが好きではありませんでした。

 

 そう…このゲームに出会うまでは…

 

 

 デッドオアアライブエクストリーム3です! 

 

 いい意味で凄いゲームを作ったなぁ…と感動しました。

 こんなブッとんだゲームを作れるのは財務的に余裕があるからじゃね?と

 思ったので、今回はコーエーテクモホールディングスを財務分析をすることにしました。

 

参考にした書籍

 コーエーテクモ関連の書籍が検索をかけても見つからなかったので、

 今回はホームページのみを参考にしました。

 

 わかったことをまとめると

 ・代表取締役社長はシブサワコウとして有名な襟川 陽一さん

 ・コーエーテクモホールディングスの資本金は150億円

 ・本社は神奈川県にある

 ・コーエーテクモの精神は創造と貢献

 ・2009年4月1日にコーエーテクモ合併してできた会社

 ・エンタテインメント事業(ゲーム)だけでなく、

   スロット・パチンコアミューズメント施設運営

  不動産事業などゲーム事業以外でも収益をあげている

 ・VRセンスという面白そうな筐体を製作中

 ・福利厚生がかなり良さそう(イメージ)

 ・新入社員を重視している

 ・社員の声が結構豊富 

 

  大河ドラマ真田丸」の勢力図がとても見やすかったのは、

 「信長の野望」を手がけたシブサワコウさんが手伝っていたからだったのですね。

 

 ホワイト企業の香りがプンプンするぞ(笑)

 

コーエーテクモの代表作

 ・信長の野望シリーズ

 ・無双シリーズ戦国無双三國無双ゼルダ無双なんかもあります)

 ・討鬼伝シリーズ

 ・デッドオアアライブシリーズ

 ・アトリエシリーズ

 ・仁王

 

  たくさんのIPを生み出すことに成功しています。

 

 コーエーテクモホールディング全体の財務分析

  まずは売上の推移を見てみましょう。

f:id:hitourebito0806:20170217090954p:plain

 

 堅調に推移していますね。

 2012年に一度減少していますが、翌年からは右肩上がり。

 

 2016年はもしかすると、400億円を超えるかもしれません。

 仁王も発売されましたしね。

 

 次は売上原価を見てみましょう。

f:id:hitourebito0806:20170217091058p:plain

 

 こちらも順調に推移しています。

 2015年は200億を切る売上原価を達成し、利益増加に貢献しています。

 

 コエテクはコストカットの意識がかなり高いようですね。

 

 売上総利益はこのようになっています。

f:id:hitourebito0806:20170217091156p:plain

 

 売上、売上原価がともに順調なため、右肩上がりです。

 財務状況はかなり良さそうな感じです。 

f:id:hitourebito0806:20170217091259p:plain

f:id:hitourebito0806:20170220104051p:plain

 営業利益も右肩上がり。

 販管費は80億前後で大きな変化はありません。

 

 売上総利益が伸び、販管費が変わらないため、このようなグラフになっています。

 営業利益も順調ですね。 

 

f:id:hitourebito0806:20170217091419p:plain

f:id:hitourebito0806:20170220104123p:plain

 いやー、凄いです。

 何が凄いって、経常利益が営業利益に比べてかなり増加してるんですよ。

 経常利益額157億のうち、33億が営業外収益

 利益の約2割を生み出しています。

 

 投資上手な会社ですね。

 

f:id:hitourebito0806:20170217092938p:plain

f:id:hitourebito0806:20170220104144p:plain

 当期純利益もやはり右肩上がり。

 経営状態はかなり良いです。 

 

 次は貸借対照表の数字を見てみましょう。

 

 まずは自己資本比率

f:id:hitourebito0806:20170221102338p:plain

 

 非常に高い数字です。

 経営状態はかなり安定しているようです。

 

 次は固定比率。

f:id:hitourebito0806:20170221102514p:plain

 

 望ましいとされる100%以下をしっかり下回っていますが、

 他の指標の数字と比べると高い気がします。

 

 コエテクは全資産1109億2500万(2016年3月31日時点)のうち、

 274億3000万を流動資産で、残りの834億9500万円を固定資産で所有しています。

 そのうち621億2000万円を占めるのが、投資有価証券

 

 そうです…コエテクは資産の約半分にもあたる多額の投資をしているのです。

 凄いですね…。 

 

 固定比率が思ったよりも高くなっているのは、投資有価証券を多く所有しているから。

 

 投資有価証券を除いて、固定比率を計算すると、21.6%

 かなり良い数字です。

 

 次は流動比率当座比率を見てみましょう。

f:id:hitourebito0806:20170221104111p:plain

f:id:hitourebito0806:20170221104151p:plain

 

 どちらも望ましいとされる数字を上回っています。

 流動比率当座比率の差が小さいので、安定していることが分かります。

 

 最後に従業員数推移と海外売上高比率を見てみましょう。

f:id:hitourebito0806:20170224152326p:plain

f:id:hitourebito0806:20170224152518p:plain

 

 従業員は5年で200人程度増えています。

 ソニーのようにリストラをしてコストを下げるなんてことはしていないようです。

 

 海外売上高比率も5年で約10%増加。

 今や、4分の1を海外で稼ぐようになりました。

 

 ツッコミどころがないくらい、良い数字ばかりですね。

 

まとめ

 ・経営状態はかなり良い

 ・投資で経常利益の2割を稼ぐ、投資上手 

 ・ 従業員数は毎年増加

 ・海外売上高比率も毎年増加

 

財務で会社を読む 第2社 SONYの財務状況を紐解いてみよう

財務分析

f:id:hitourebito0806:20170129135443p:plain

 

財務分析が初めての方はこちらの記事からどうぞ↓

人憂人とSONYの関係性

 人憂人は結構SONY製品にお世話になっています。

 

 PlayStation4とPlayStationVR、PlayStationVitanasne

 PlayStationばかりですね(笑)

 nasneがホント、便利なんです。

 

 最近はPlayStation4のゲームしかしてませんねー。

 任天堂さん、頑張ってください…

 switchの生産も頑張ってください…

 ニンゴジラに阻まれて予約できませんでしたよ…

 もうゼルダWiiU版でいいかな…ハァ。

 

 さて、愚痴はここまでにして財務分析に入っていきましょうかね。

 

参考にした書籍 

ソニー復興の劇薬 SAPプロジェクトの苦闘

ソニー復興の劇薬 SAPプロジェクトの苦闘

 

 

SONY 平井改革の1500日

SONY 平井改革の1500日

 

 

ソニーの革命児たち―「プレイステーション」世界制覇を仕掛けた男たちの発想と行動

ソニーの革命児たち―「プレイステーション」世界制覇を仕掛けた男たちの発想と行動

 

 

  ただ単に財務分析するだけでは面白くなかったので、SONY自身のことをもっと知りたいと思いこれらの本を読みました。

 

 他にもおすすめの本がありましたら教えていただけると大変嬉しいです。

 

 ホームページ巡りも大変面白いです。

 ソニーの新たな挑戦のストーリー、あなたのソニーにまつわるストーリー Stories | Sony

 ↑にはアンチャーテッドを製作したノーティードック社員のインタビューもあります。

 

 

 製品系のベンチャーやりたい人はSONYかなりおすすめじゃないかなぁ。

 SAPの環境はかなり理想的ですよ。

 情熱さえあればですが…。

セグメント情報

  ゲーム好きな人からすると、SONYはゲームの会社というイメージが強いかと思いますが、実はゲームだけではありません。

 

 2016年11月1日時点での決算短信から9つの事業があるのがわかります。

 

 ・モバイルコミュニケーション分野

 ・ゲーム&ネットワークサービス分野 ←ゲームはここ

 ・イメージング プロダクツ&ソリューション分野

 ・ホームエンタテインメント&サウンド分野

 ・半導体分野

 ・コンポーネント分野

 ・映画分野

 ・音楽分野

 ・金融分野

 

 さすが、大企業。

 いろんな分野に進出しています。

 

 まずはSONY全体の財務分析から始めましょう。  

 

SONY全体の財務分析

 以下、グラフの数字は全て2015年度の有価証券報告書を参考にしています。

f:id:hitourebito0806:20170129161229p:plain

 2011年度が約6兆5000億円。

 2015年度が約8兆1000億円。

 売上は2015年が少し減っていますが、全体的に好調のようです。

 4年で売上額を1兆6000万近く増やせるのは、凄いですね。

 

 連結財務諸表を参考にしているため、公表されている数字しか使えません。

 本来は売上総利益も見たいところですが、

 売上総利益は公表されていないので、次は営業利益を見てみましょう。

 

f:id:hitourebito0806:20170129162729p:plain

 2011年度が約マイナス660億。

 2015年度は約2940億のプラス。

 

 2015年がここ5年で一番営業利益が出ているようです。

 従業員をリストラして、固定費を削減した結果でしょうか。

 では、従業員数の推移を見てみましょう。

 

f:id:hitourebito0806:20170202101025p:plain

 

 

 5年前は16万2700人いた従業員が2015年には12万5300人に減っています。

 約40000人ものリストラ。 

 ものすごい数ですね。 

 これだけ固定費を減らせば、営業利益が増加するのは当たり前と言えば、当たり前です。

 一人リストラして、仮に500万の経費削減だと考えると、40000人リストラすることで2000億の固定費削減になります。

 リストラだけが営業利益改善の要因ではないでしょうが、かなりの大部分を占めていると思われます。

 次は税引き前利益を見てみましょう。

 

f:id:hitourebito0806:20170202102327p:plain

  

 プラスがマイナスになる程、大きな損失は出ていないようです。

 2015年にいたっては、プラスが出ています。

 当期純利益はどうなっているんでしょうか。

 

f:id:hitourebito0806:20170202103546p:plain 

 あれれ〜、無茶苦茶減ってるぞ〜。

 多額の特別損失が出ちゃってるみたいですね。

 減損でしょうか…?

 2011年は約3700億

 2012年は約2000億

 2013年は約1500億

 2014年は約1700億

 2015年は約1500億

 

 かなりの額ですね…。

 リストラしてもこれか…。

  

 2015年も最終的にプラスで終わってますが、損失はしっかりと出ています。 

 暗雲立ち込めてます。

 次は自己資本比率を見てみましょう。

 

f:id:hitourebito0806:20170203124751p:plain

 

 低い…。

 純資産額として約3兆あるので、潰れはしないと思いますが、財務的には良くないですね…。

 

まとめ

・売上は好調

・最終損益はこれまでやばかった(2015年にやっと黒字化)

・毎年、多額の損失が発生している

・かなりのリストラが行われた

自己資本比率は低め

 

セグメントごとの財務分析

 この章では、セグメントごとに事業内容の確認と財務分析をしていきます。

 ま、財務分析といっても、売上高と営業利益を見るだけですが…。

 

モバイル・コミュニケーション分野

  この分野の主要製品または事業内容は携帯電話、インターネット関連サービス事業です。

 

 具体的には、Xperiaスマートフォンタブレットですね。

 

f:id:hitourebito0806:20170207103123j:plain

 2015年度の売上が1兆1275億円、営業利益が−614億円

 

 総売上の8分の1をしっかり稼いでいますが、利益は出ていないようです。

 

 前期の2014年は営業利益−2176億円だったので、少しマシになってはいますが、利益の稼ぎ頭ではないみたいです。

 

ゲーム&ネットワークサービス分野 

 この分野の主要製品または事業内容はゲーム機、ソフトウェア、ネットワークサービス事業です。 

 

 具体的には、PlayStation4PlayStation4用ゲームソフト、PlayStationPlus等のネットワークサービスですね。

f:id:hitourebito0806:20170207105051p:plain

 

 2015年度の売上が1兆5519億円、営業利益が887億円

 

 きちんと利益が出ています。

 

 ゲーム好きとしては、ゲーム分野が稼ぎ頭だと、理由はないですが嬉しいですね。

 

 利益額としては金融部門に次ぐ第2位の利益額となっています。

 

 ゲーム分野頑張ってます!

 

  前期の売上が1兆3880億円、営業利益が481億円だったので、両方伸びてます。

 

 2016年度はPlayStationVRや名作ゲームソフトがたくさんあったので、さらに伸びてるんじゃないですかね。

 

 金融部門抜いてくれ〜。

 

 イメージング・プロダクツ&ソリューション分野

 この分野の主要製品または事業内容はデジタルイメージング・プロダクツとしてコンパクトデジタルカメラ、ビデオカメラ、レンズ交換式一眼カメラ

 

 プロフェッショナル・ソリューションとして放送用・業務用機器

 

 メディカルとして医療用・研究用機器。 

 

  具体的な製品の代表作は、デジタル一眼カメラα(アルファ)ですね。

f:id:hitourebito0806:20170207111641j:plain

  2015年度の売上が7112億円、営業利益が721億円

 

 きちんと利益を稼いでいます。

 

 前期の売上が7239億円、利益額が418億円だったので、売上は減っていますが利益は300億円程度増えていますね。

 

ホームエンタテインメント&サウンド分野 

 この分野の主要製品または事業内容はテレビ、オーディオ・ビデオです。

 

 具体的な製品の代表作は液晶テレビ ブラビアですね。 

f:id:hitourebito0806:20170209120723j:plain

 2015年度の売上が1兆1590億円、営業利益が506億円

 

 売上高が低いイメージング・プロダクツ&ソリューション分野よりも利益額が少ないことから、利益率がそれほど良くないことがわかります。

 

 売上は4000億多いのに、利益は200億少ない。

 

 前期の売上が1兆2381億円、営業利益が241億円だったので、売上は減っていますが、利益は264億円増えています。

 

バイス分野

 この分野の主要製品または事業内容は半導体関連のようです。

  

 製品内に搭載される部品を作っているので、具体的な製品はないのかな…?

 

 2015年度の売上が9358億円、営業利益が−286億円

 減損が900億円近く発生したため、マイナスになってしまったようです。

 

 前期の売上が9271億円、営業利益が890億円だったので、売上は増加、利益が減少しています。

 

 この額の減損が発生してしまうと、かなり痛いですね。

 

 映画分野

 この分野の主要製品または事業内容は映画製作として、 映画作品の製作・買付・配給・販売。

 

 テレビ番組製作として、テレビ番組の制作・買付・販売。

 

 メディアネットワークとして、テレビ、デジタルのネットワークオペレーション。

 

 具体的な製品の代表作は映画です。最近放映されたものだと、「バイオハザード・ファイナル」に携わっているようです。

 

 週刊少年ジャンプで連載中の作品「斉木楠雄の災難」の実写映画の配給も担当しています。

 

 2015年度の売上が9381億円、営業利益が385億円

 前期の売上が8787億円、営業利益が585億円でした。

 

 売上が増加し、利益が減っているパターンですね。

 

 さらに追い討ちをかけるように、ソニーは2017年1月30日に映画事業で1121億円の減損損失が計上されることを発表。(2016年度の連結決算に計上される)

 

 1121億円ですよ…。

 デカすぎる…。

 

 映画市場が縮小するのを見込んでのことだそうです。

 

 減損発生連続記録更新ですね(白目)

 

 音楽分野

  この分野の主要製品または事業内容は音楽制作として、パッケージ及びデジタルの音楽制作物の販売、アーティストのライブパフォーマンスからの収入。

 

 音楽出版として、楽曲の詞、曲の管理及びライセンス。

 

 映像メディア・プラットフォームとして、アニメーション作品の制作・販売、音楽・映像関連商品のソリューション提供をすることで売上をあげています。

 

 2015年度の売上が6176億円、営業利益が873億円

 前期の売上が5592億円、営業利益が606億円でした。

 

 ゲーム&ネットワークサービス分野と同じように売上と営業利益の両方が伸びています。

 絶好調のようですね。

 

 ただ、音楽市場も縮小しつつあるので、映画分野のように減損が計上されるおそれがあります。

 

金融分野

 この分野の主要製品または事業内容は生命保険、損害保険、銀行、介護です。

 

 ソニー損保やソニー銀行など、名前にソニーが付いている機関はご存知かと思います。

 

 2015年度の売上が1兆731億円、営業利益が1565億円

 前期の売上が1兆836億円、営業利益が1933億円。

 

 前期と比べると売上、営業利益ともに減少していますが、部門別で一番の稼ぎ頭です。

 

 2015年営業利益2941億の約半分を稼いでいます。

 金融は儲かるようですね。

 

まとめ 

・営業利益額(2015年)を分野別に並べると、

 1位 金融分野(1565億円)

 2位 ゲーム&ネットワーク分野(887億円)

 3位 音楽分野(873億円)

 4位 イメージング・プロダクツ&ソリューション分野(721億円)  

 5位 ホームエンタテインメント&サウンド分野(506億円)

 6位 映画分野(385億円)

 7位 デバイス分野(−286億円)

 8位 モバイルコミュニケーション分野(−614億円)

 

最後に

 SONYウォークマンなどの電化製品で有名だと思っていましたが、

 一番の稼ぎ頭は金融分野なのですね。 

 

 ゲーム分野が好調なのは、PS4ゲームのラインナップがかなり揃い、

 ハード&ソフトが順調に売れているということでしょう。

 

 平井社長はエレクトロニクスを事業の中心とする方針を今後も貫くようですが、

 金融、ゲーム分野を抜き去る日はかなり遠いものと思われます。

 

 何か製品を作ってベンチャーのようにビジネスしてみたい!

 という就活生にはオススメの企業です。

 

第3社コーエーテクモホールディングスはこちら↓ 


 

永遠の楽園がそこにある デッドオアアライブエクストリーム3 VRプレイ感想

ゲーム

f:id:hitourebito0806:20170208134115p:plain

 

 いやー、買っちゃいましたよ、DOAX3

 バイオハザード7を買うつもりだったのに、いつの間にかポチっちゃってました。

 

 前から気になっていたタイトルではありましたが、最近になってPSVRに対応したらしいじゃないですか。

 

 男なら買うしかないでしょ!

 

続きを読む

2017年1月に出会った映画たち

映画

f:id:hitourebito0806:20170202095955p:plain

ホール・イン・マネー!大富豪トランプのアブない遊び

 

 

暴言も支持率も止まらない大統領候補ドナルド・トランプに迫るドキュメンタリー!大統領候補であるドナルド・トランプ

彼の手荒なリゾート開発事業の違法性を追求している、スコットランド人ジャーナリスト、アンソニーバクスターが、地元の自然を守るべく再び立ち上がった!

同じテーマで製作された前作はBBCで放送され話題騒然となり、トランプもツイッターで猛反撃をした。今作ではドナルド・トランプ本人と取締役である息子を引きずり出して直接対決!

2016年アメリカ合衆国大統領選挙を考える上で、とても重要な映像が多数収録されている。ゴルフ場建設の実情と、翻弄されながらも戦い抜く市民たちを追ったドキュメンタリー映画。
 /iTunesより引用/

 2017一発目にふさわしい(?)ドナルド・トランプ次期大統領を題材とした映画。

 昨年、2016年は様々なことを通して、自分の無知さを改めて知った年でした。

 アメリカ大統領選挙の結果は想像しようもありませんでしたが、そもそもトランプ氏について一ミリも知りませんでした。

 

続きを読む

2017年1月に出会ったおすすめ本たち

オススメ本

f:id:hitourebito0806:20170201142348p:plain

2017年1月に読んだ本の感想を書いていきます。

 

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? おすすめ本

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

 

 会計に興味はあるんだけど、なんだか難しそうだなぁ

 と思っている人におすすめの本です。

 

続きを読む

財務で会社を読む 任天堂その4:5年分のデータの財務分析を使って、web説明会してみました

財務分析

f:id:hitourebito0806:20170117150342p:plain

 第1〜3回までで、貸借対照表と損益計算書、そしてキャッシュ・フロー計算書を使った簡単な財務分析を紹介しました。5年分(2011〜2015)のデータを分析しながら、web説明会っぽいことをしていきます。改めて数字を眺めることで見えてくるものがあるかもしれませんよ。

 

続きを読む

財務で会社を読む 任天堂その3:キャッシュ・フロー計算書編 お金の流れを分析してみよう

財務分析

f:id:hitourebito0806:20170112154106p:plain

  前回は損益計算書を使って、分析をしました。

 時間がない人は、貸借対照表(第1回)と損益計算書の分析(第2回)と会社ホームページを巡回すれば、ある程度はその会社のことがわかってくるかと思います。もしわからないことがあれば、説明会の質問タイムで訊けばオッケーです。

 

 第1回(貸借対照表編)はこちら↓


 第2回(損益計算書編)はこちら↓

 

 今回は時間がある人向けにキャッシュ・フロー計算書を使って、分析していきます。

 

続きを読む